通販型の任意保険はエコな軽自動車にぴったり

軽自動車 任意保険

維持費節約の軽自動車には経済的な任意保険が似合います。

あなたの軽の保険、チェックはぬかりないでしょうか。


軽の任意保険は安いからどこでもたいした違いが無いという先入観がありませんか?

そのイメージは保険の自由化でまったく間違いになってしまいました。



「軽自動車だからこそ各社をよく比べて決める」 それが今では節約の常識になりつつあります。


保険料の安い通販の自動車保険は維持費を安くしたい軽自動車にふさわしい保険だといわれます。


でも通販型にしたからといってそれだけでは十分ではありません。

通販でも加入条件によって安いところが違ってくるからです。


自分の加入条件での最適の保険は一括見積もりで簡単に見つけることができます。

自動車保険一括見積もりなら5分〜15分程度の入力で任意保険の節約に自信を持つことができます。


自分に最適の通販型を知ろう…一括見積サービスを比較(当サイト人気順)

現在(2011年4月)自動車保険を扱う損保会社は24社にもなります。通販型だけでも8社ありそれぞれの特色を掲げて競争しています。


競争があり多くの中から選べるのは良いことなのですが、各社を比較するのがとても大変になりました。

軽自動車でも自分の条件で最適の保険を見つけるには一括見積もりが欠かせなくなりました。


お気に入りの一括見積もりで納得の任意保険を見つけてください。

見積もりの一括比較で保険選びをした人の体験談

・「…商品の内容を見るのにその都度パスワード等を入力するのが面倒で残念だった。…」

・「…ログイン方法につきましては、検討させていただきたく存じます。
  貴重なご意見をありがとうございました。」


これは一括見積もりの利用体験談ページにある利用者の不満とそれに対する回答の例です。

このように 不満の声も客観的に紹介されており信頼性の高さが感じられる口コミページになっています。


ネットでの見積もりは初めてだと何かと不安なものですが、この体験談をひと通り目にすれば安心して利用できるようになるでしょう。



<サービス利用者の口コミ・体験談>


■インズウェブ〜一つ一つにコメント付

口コミ情報がとても丁寧に紹介されています。利用者の声一つ一つに的確なコメントが付いていて適切にガイドしてくれます。

                           ⇒⇒ インズウェブの口コミ

■保険スクエアbang!〜は簡潔でバックナンバー豊富

保険スクエアbang!の「利用者の口コミ」は簡潔でとてもわかりやすく、またバックナンバーが2007年分から掲載されていて豊富な内容になっています。

                        ⇒⇒ 保険スクエアbang!の口コミ

事故対応〜通販型も代理店型も基本は違わない

軽自動車 任意保険

「通販はいざというときの安心で代理店に劣る」という噂を目にしたことはありませんか?

事故対応は代理店の方が安心というのは根拠のある話ではありません。


現実の事故対応が電話による保険会社事故対応担当との直接のやり取りになるのは通販型も代理店型も変わりありません。

よほどの重大事故でなければ保険会社事故対応担当が現地に来ることはありません。


代理店が事故対応を行うという誤解が多いようですが、代理店による仲介・あっせん等は法令違反であり行われることはありません。

むしろ事故直後の「初期対応」は通販型の方が全般に優れているようです。
※初期対応…事故直後の事情聞き取り・アドバイス、警察や相手方への連絡、病院・修理工場などの手配、その他


初期対応は、通販型のほぼ全社が土日も含めた365日対応となっています。

各社対応時間帯の違いはありますが、明らかにこの点は通販型の方が安心といえます。

無料ロードサービスも通販型の方が優れている


通販型の大きい特色のひとつがJAFも真っ青のロードサービスです。

通販型のロードサービスは車両保険の有無に関係なく全契約者に提供されます。


代理店型の車両保険オプションにあるようなサービスが無料で提供されます。

しかも何度使っても等級に影響することはありません。


このロードサービスこそ中間コストの無い通販型ならではのサービスであり、代理店型は事業構造上敵うはずがありません。

ロードサービスだけで通販型を選んだことに満足する契約者もいるようです。


もちろん軽自動車でもまた自動二輪でもこのサービスは付帯します。

任意保険は1年契約ですから、一度試してみる価値は大いにあります。

通販に乗り換えても等級はきちんと引き継がれる


任意保険を別な保険会社のものに乗り換える時でも、等級は心配なく引き継がれます。

代理店型から通販型へ、また通販型からもっと安い通販型への切り替えなど、まったく問題がありません。


等級(ノンフリート等級)の制度は損保各社の共通の取り扱いになっており、保険証券の契約番号は保険会社同士でデータ共有されています。

等級が引き継がれるからこそ各保険会社は自社の自動車保険への切り替えを勧めることができるわけです。


更新時により安い任意保険を一括見積もりで探し、毎年乗換えを行う人も増えているようです。

毎年とまではいかなくとも数年に一回程度見直すことにより、保険料払い過ぎの心配を解消できるでしょう。


<任意保険料の比較例>

軽自動車ではないですが一括見積もりによる任意保険料の比較例です。

保険料だけでなく補償内容、事故対応、ロードサービスなどの比較も可能です。


30代ファミリーの場合(※保険スクエアbangの公式ページから引用)


■年間保険料■
(対人-無制限、対物-2千万円、搭乗者障害-1千万円、人身障害-なし)


       チューリッヒ      37,080円
       セコム損保       38,260円
       アクサダイレクト    40,280円
       そんぽ24       43,290円
       三井住友海上      50,040円
       AIU         52,520円
       日本興亜損保      57,540円
       富士火災        56,990円
       東京海上日動      57,770円

【条件】住所/東京、年齢/33歳、次契約/14等級、30歳以上担保、走行距離10000km、車体/ホンダ・ステップワゴン、型式/RF7、使用目的/レジャー、免許証の色/ゴールド、運転する家族/配偶者(30歳)、家族限定/なし、エアバック、ABS装置/あり、車両保険/210万円(一般、免ゼロ付)


入力は最短5分・長くて15分、メール等で届く見積もりでこのような比較をマイペースで行なうことができます。



<契約者全員に均一なサービスが通販型のメリット>

「事故対応は保険会社が直接行う」のは代理店系でもダイレクト系でも違いがありません。

代理店が事故対応のあっせんや仲介を行なえば法律違反になります。

代理店型と通販型の違いは万が一の時に代理店から「アドバイス」が受けられるかどうかです。

日本では代理店の大半が副業のアマチュア代理店(専業代理店は業界の10%)です。
「代理店が安心」というのは、プロからアドバイスが受けられる専業代理店に恵まれた場合の話だと考えるべきでしょう。

ネットなどで「代理店探しが何よりも重要」というコメントが多いのは、このような背景があるからです。

通販型は、事故対応24時間365日受付、初期対応365日実施、豊富な無料ロードサービスなど、顧客全員が均一のサービスを受けられるしくみになっているのがメリットです。

Copyright © 軽自動車の任意保険 通販型を検証する All Rights Reserved.